新着記事

2008年01月03日

オーストラリアに興味がある方へ。知人の本のご紹介です。



ひと味違うオーストラリア


御縁あって知り合いました、作家の長井幸一さんが出された、
オーストラリアの楽しいネタ本をご紹介します。

長井さんは、すでに5年近くのオーストラリアでの
ロングステイ経験者でいらっしゃいますが、
日々の暮らしの中で気になった当地のあれやこれやを、
独自の視点から検証されて、読み物にまとめられた本です。


ご本人自らのご紹介を引用しますと・・・


豪州の社会的事件や歴史、政治、経済そして生活の
ショートストーリーを集めて読み物風にしたものです。

適当に硬く、適当に柔らかいユニークな豪州案内です。

豪州に興味ある人は勿論のこと、無い人にも面白く読めるものと、
手前味噌ながら確信しています。
若い人にも、ベテランにも薦められる本です(再度お味噌)。



そのご紹介の通り、オーストラリアの社会情勢や政治的な事件、
生活習慣など、ユニークなネタが満載です。


オーストラリアといえば、
「日本語でどづぞ」の柳沢有紀夫さんも忘れてはいけませんるんるん

彼も相当のオーストラリアロングステイ情報を握っています。



極楽オーストラリアの暮らし方


私個人はオーストラリアには行ったことがありません。
未知のゾーン。

しょっちゅう行く友人によれば、
時差はないし、暖かいし、人はやさしいし、
暮らすことを考えてもいい所だよ〜、という話です。

いつかは一度は行っておかないといけないなぁ、と
漠然と思っていますが、どうなることやらあせあせ(飛び散る汗)


長井さんのご本は、オーストラリアに行かれたこと、
暮したことのある方には、読み応えのある楽しい本となることでしょう。

ひと味違うオーストラリア


本日もご来訪、ありがとうございますm(__)m

banner_04.gif クリックひらめき


追記:

おかげさまで母校が箱根駅伝総合2位となりました。
もう、大満足です。
二日間のものすごいドラマに感激しましたハートたち(複数ハート)
今年一年、元気に頑張れそう。
箱根駅伝選手&関係者の皆さん、ありがとうございました♪


posted by CK at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

海外ロングステイ30都市徹底ガイド

yanagisawa.jpg

【新・年金を活かす!海外ロングステイ30都市徹底ガイド】


ここのところ本の紹介が続いています。


とある集まりにて、お顔だけは存じあげている、
オーストラリアはブリスベン在住の熱い男サッカー
"柳沢有紀夫"氏の新刊をご紹介したいと思います。


その名も「新・年金を活かす!海外ロングステイ30都市徹底ガイド」


海外でロングステイをしてみたいと思う人には、
最適なガイドブックです。


パソコンがあれば海外にいたって本は書けるわいっ!
という心意気で、柳沢さんご自身が、ご家族と数年前より
オーストラリアに拠点を移されているのですが、


海外で活躍するライターの方々を束ねて、
これから海外に出たい、海外で暮らしたい、という人を
応援する実務的なガイドブックを多数手がけられています。


そして今月、最新版が出たわけですが、
柳沢さんご自身の言葉を拝借してご紹介いたしますと・・・


本日、拙著(いろいろな人にも執筆参加してもらったので
「著者」ではなく「編者」となっていますが)の
『新・年金を活かす!海外ロングステイ30都市徹底ガイド』が発売になりました。

これは3年前に出した『年金を活かす! 海外ロングステイ30都市徹底ガイド』がおかげさまで好評で、この度、団塊の世代の定年退職に合わせる形で、新版を出すことになったものです。

「新版」という扱いですが、各都市の紹介に入る前の「総論部分」は100%書き改めました
(3年間でロングステイもすっかりメジャーになったので)。

またハワイ3島(オアフ、ハワイ、マウイ)と、団塊の世代憧れの地ロサンゼルスを加えて、さらに強力なラインアップにすることができました。

「ロングステイなら、まずこの一冊」と言える本ができたと思います。



これはさっそくチェックしなくちゃいけませんねダッシュ(走り出すさま)


サッカー永遠のサッカー少年、熱い男 柳沢有紀夫氏の
オヤジギャグ満載のサイトはこちらわーい(嬉しい顔)
「週刊ブリス便」

タイトルからしてこれだもの。。。爆笑、爆笑どんっ(衝撃)



本日もご来訪、ありがとうございますm(__)m

banner_04.gif

ようやく「ハワイで(も)暮らそう」のタイトルに合う記事だわ♪

ブログランキング、参加中です。よろしくです手(チョキ)
posted by CK at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ハワイのロングステイ&タイムシェア情報


otonanohawaii.jpg

大人のハワイ (vol.4(2006-2007))


この本を読んでいたら、またまたハワイの最新の
ロングステイ情報が書かれていました。


特にタイムシェアの物件情報が充実しています。


banner_04.gif

続きの前にブログランキングの応援をるんるん

続きを読む
posted by CK at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

アメリカ永住権が当たる抽選(DV-2008)の申し込みは12月3日締め切りです!

dv-2008.jpg

Diversity Immigrant Visa Program DV-2008

アメリカ政府が発表している概要はこちらからご覧ください

http://travel.state.gov/visa/immigrants/types/types_1318.html


アメリカ永住権通称グリーンカードは、ハワイ(アメリカ)で仕事で収入を得たり、学校に通いたい、家を持ちたい、店を開きたい、借り入れが必要(ローンを組みたい)、などなど、ハワイで実際に暮らすことを考えれば、絶対にほしい権利です。


その権利を抽選で毎年10万名に差し上げちゃいましょう!というのですから、
永住を考える人にはまたとないチャ〜ンス。


受付終了は12月3日です。


人気blogランキングへGO!ダッシュ(走り出すさま)


続きを読む
posted by CK at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

再びグリーンカード 申請受付開始

green.jpgアメリカ永住権が取れる!


9月21日にも書きましたが、アメリカ永住権、グリーンカードが当たる
年に一度の抽選申し込みが、いよいよ始まりました!

応募期間は2006年10月4日から12月3日まで。
この期間にエントリーされたすべての応募者中から、
当選者が約10万人選ばれますダッシュ(走り出すさま)


それが、先日配信されたアロハストリートのメルマガの中に、
「毎年実施でしたが、今年がラストチャンス?これで取れなきゃ一生とれない?」という記載があるではないかexclamation&question

え〜〜〜失恋マジぃ????あせあせ(飛び散る汗)


banner_04.gif
↑続きの前に応援ポチっと。。。


続きを読む
posted by CK at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

憧れの海外セミリタイアDVDが出るそうですよ

kahala004.jpg


9/6の日記でちらっと書いた、「憧れの海外セミリタイアセミナー」の模様を収録したDVDが出るようです。


海外に移住した人の多くは海外生活が合わずに日本に戻ってきているんだそうですね。


「移住するぞ!」というものすごい決心をして退路を断って行ってしまうのではなく、まずはオーストラリア・カナダ・ハワイ・香港・タイといった国で
ロングステイを試してみてはどうですか?それほどお金もかからずに、実験的にでも海外での暮らしを試してみてから、移住を考えてみましょう。

こんな国がTRYしやすいですよ、具体的にはこういうアクションを起こしてみては?...という内容のセミナーでした。


続きの前に人気blogランキングへGO!新幹線
続きを読む
posted by CK at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

アメリカ永住権 その名もグリーンカード!

そろそろこの季節ですよ♪

usdvprogram.jpg

そうです。
アメリカ永住権、グリーンカードが当たる年に一度の抽選申し込みの時期ですよ〜ダッシュ(走り出すさま)

通称「グリーンカード・ロッタリー」とも呼ばれるこの抽選プログラムの正式名称は、Diversity Immigrant Visa Program。

在日アメリカ大使館による情報はこちらです。

DV-2007 移民多様化ビザ抽選プログラム

...が、大使館の情報はまだ去年の情報のまんまだたらーっ(汗)

DV-2008の応募概要はすでに発表されているようです。

応募期間は2006年10月4日から12月3日まで。この期間にエントリーされたすべての中から、当選者が約10万人選ばれます。

旅行に毛が生えたような滞在期間であれば問題ありませんが、ハワイ(アメリカ)で仕事で収入を得たり、学校に通いたい、家を持ちたい、店を開きたい、とにかく暮らした〜いわーい(嬉しい顔)となれば、絶対に必要になるのがビザか永住権(グリーンカード)。

どちらも取得には、実現までのかなり高い壁があるので、たいていは諦めが先にたちますが、さすが多国籍国家アメリカのアイディアというかなんというか...。

この取得がオニのように難しいアメリカ永住権を、年に一回、抽選でプレゼントしてくれるというプログラムが、上記のDiversity Immigrant Visa Program(DV-今年は2008)なのですね〜。

JJもこのプログラムでグリーンカードを取得し、なんと今年でハワイ生活も15年目です。

つまり...。


当たるんですよexclamation×2


応募の条件は高卒以上で犯罪暦がないこと。心身ともに健康であること。過去5年間に50,000人以上の移民を米国に送り出した国の出身者でないこと。

日本からの応募はまだ可能なんです。


ちなみにおととしDV-2006の結果は、応募総数630万通。(←世界中からということ)
当選者は9万名で、そのうち日本人は336名だったそうです。
DV-2007では333名。。。

300名以上、当たってるんじゃ〜んぴかぴか(新しい)

実際日本からの応募者がどれくらいいるのかわからないけれど、このプログラムがものすごく広く知られている、という様子ではないし、確率としてはどうでしょうね?宝くじの確率よりはいいのではないだろうか?

応募はオンラインですから、PC使えるあなたや私なら自分でも応募できます。
でも、いくつか気をつけなくちゃいけないポイントもあるので、応募要綱をよく読んで慎重にやりましょう。
二重申請や入力ミスなどで無効になる応募データが、応募者の30%以上もあるそうですからね。

JJは毎年この季節になると、日本の希望者の応募を代行して何通かメモ書くそうです。私も、希望するときは確実に間違いなくやりたいのでJJに頼むつもり。

(もし依頼したい方がいらしたら、こちらにコメントくださいね。応相談です。当たり前ですが、彼女は基本的に知らない方の依頼は受けないので。)

間違いないように応募したい、自分でやるのはちょっと...という方は、応募代行業者もたくさんありますし、資料もたくさん出ていますので、調べてみるといいと思います。


一方、こんな宝くじみたいな可能性にかけるのは嫌。
抽選ではなく正攻法でVISA、グリーンカードを取得したい、という方には、こちらがお勧め。「ハワイ移住の魔法の教え」は日本人でアメリカのビザコンサルタントをされている方が書いた、抽選に頼らずに、たやすくグリーンカードを手にいれる方法です。

ハワイ移住の魔法の教え



いずれにしても移住に興味があるなら、VISAや永住権について一度調べておくことは必要ですね。


オススメ本















posted by CK at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ハワイのタイムシェアが熱い!

ハワイ、特にオアフは数年前からビルの建設ラッシュで、不動産価値がグングン高騰してるそうです。
バブルを思わせる事態になっているらしいですね。

先日、携帯電話でHoku247を利用してみる、と書きましたが、ここのHPの中に、ワイキキのど真ん中に建築中のタイムシェアの見学会に参加すると、アラモアナショッピングセンターで使える金券を100ドル分プレゼント、などとすごいことが書かれていたので、ちょっと興味があり調べてみました。

beachwalk001.jpg

アウトリガーホテルのグループ(というか、タイムシェアの大手フェアフィールド)が、まさにワイキキのど真ん中の「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」内に建設中のタイムシェアのキャンペーンでした。

ハワイの歩き方にニュースリリースとして書かれています。

http://www.hawaii-arukikata.com/adv/fairfield.html

DFSからハレクラニホテルに向かう道沿いにある絶好のロケーションですわね、これ。

「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」自体がかなりバブリーな開発ですね。
かのトランプタワーをはじめとするホテル、コンドミニアムも建設中。
なんだかそれだけですごそう。
今年の12月にはオープンするらしいです。

http://www.waikikibeachwalk.com/



さらにワイキキが加熱しそう。
私はちょっとワイキキは苦手でよくわからんのですが、やはり不動産価値としてはここはいいんでしょうね。

タイムシェアは、簡単に言えばリゾート物件を週単位で所有できて、れっきとした不動産として登記できるという、資産価値が高く手に入れやすい不動産として最近注目されているシステム。

日本人にもその需要が高いので、日本人向けの見学会、ツアーがいろいろと企画されています。

最近、いろいろなところで宣伝されているのはここ。

koolina001.jpg

コオリナ・ビーチ・クラブ

イヒラニマリオットホテルがある場所、といえばなんとなくわかりますか?
飛行機からH1を西に15分くらい走ったところにある、一大リゾートです。
先日このリゾート内にあるコオリナゴルフクラブで宮里藍がゴルフしていましたね。

私は個人的にはこちらのほうがいい感じがするな。
ワイキキから程よく離れているのでるんるん

ここはすでに稼動していて、今もどんどん棟が増えているようです。
資料によると日本人オーナー率は15%程度。
これなら、GWとか年末年始、お盆の時期などでも調整がききやすいかも。
週単位の所有といえども、その辺は早い者勝ちですから、お休みに融通がつけにくい方は競争率が低いところを狙ったほうが賢いですね。


でも、日本人向けのサービスが充実しているのは、やはりいち早くタイムシェアをオアフで販売し始めた、ヒルトングランドバケーションクラブでしょう。


lagoontwr.jpg


日本人約10000人(!)が購入していて、日本語サービスも万全の様子。
場所もワイキキとアラモアナの中間で、便利な場所にあるし、日本人観光客的には、確かにいい物件ではありますな。

ワイケレのアウトレットに行くと、なんだか必ず勧められませんでした?
私はクーポンブックが欲しくてINFOに行ったにもかかわらず、延々このリゾート物件の見学会を薦められて、閉口した思い出がありますふらふら

でもその営業努力が実ってか、日本人にはとてもポピュラーなタイムシェアといえるでしょう。

いずれ、不動産の情報についてはより詳しく勉強していくつもりでいますが、タイムシェアを所有するという選択は、二重生活を目する私にはとても現実的に思えます。

見学会はおまけつきも多いので、見るだけ見ておくのもよいかもしれません。

タイムシェアを購入されたコンタクトさんのブログ「日本脱出への道」に、購入された経緯や見学会の様子などが書かれていて、私は興味深く読みました。「日本脱出への道」
http://escape-japan.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_5f7c.html


参考図書本









posted by CK at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

夢のハワイでリッチに暮らそう

????.bmp


ううう、そそられるタイトル...ハートたち(複数ハート)

ネットサーフしていて見つけたのですが、今年の3月にこんな魅力的なテーマのセミナーが開かれていたんですねダッシュ(走り出すさま)

「夢のハワイでリッチに暮らそう」

http://www.financialacademy.jp/link/926/video_783.html


永住権・ビジネス・不動産について、まさに私が知りたいことについて、ガッツリ勉強できたんだ〜たらーっ(汗)

どのくらいの年齢の方々が集まったのでしょうね。
今は団塊の世代の定年問題に絡めて、こうしたセミナーが花盛りですが、夢を実現するための1歩として、経験者が語るノウハウを聞くことは、必要なことなんじゃないかと思っています。

行けなかったことを悔やんでいたら、DVDで発売しているんですね。

http://www.financialacademy.jp/link/926/video_783.html

こんな方にオススメ!


★ハワイで生活をしたい方
★ハワイで不動産投資をしたい方
★ハワイでビジネスを起こしたい方
○ハワイでビジネスを買いたい方
★ハワイに別荘を持ってみたいと考えている方
★永住権、ビザを取りたい方
★老後の生活をどうしようか迷っている方
○刺激を求めている方


6つも当てはまった...あせあせ(飛び散る汗)
近々にお小遣いをかき集めて、注文してみようと思っています。

確かにJJも永住権は持っているし、不動産も所有して、家業ではあるけれどビジネスしてるんだもんね。
移住を考えるならクリアすべき事柄でしょう。

私の場合、移住ではなく二重生活を目指しているのですが、最終的にどちらで暮らしてもOKなように、この3つの条件はクリアすべきだと思っています。


でも、海外に移住した人の多くは海外生活が合わずに日本に戻ってきているんだそうですね。

事前にそういう生活ができるかどうか、ロングステイなどを利用して、自分のライフスタイルに合う国を探すことも必要かもしれません。

9月16日(土)にあるこのセミナーは、リタイアの方を対象としているようですが、タイトルからもあるように、大げさに考えずにまずはTRYしてみましょう、と背中を押してくれそうな内容です。


「たった200万円あれば誰でもできる!憧れの海外セミリタイアセミナー」

http://www.financialacademy.jp/link/926/seminar/1062.html

日本人が比較的移住しやすいといわれているこれらの国々で、実際にロングステイから体験してみてはどうか、と、具体的なアクションを伝授してくれるんですって。


・オーストラリア

若者から年配の方まで幅広く人気がある国。ロングステイから海外移住まで、今、人気の国の一つです。

・カナダ

世界で一番暮らしやすい国の一つ。気候も温暖で、大自然に囲まれ、治安が良い国。

・ハワイ

日本人にとってのなじみが深いリゾート地。常夏の島。日系人も多く住み、英語が話せなくても生活できます。

・タイ

なんといっても物価が安く。バックパッカーなど若者にも大人気。タイ料理やタイ式マッサージなど日本でもお馴染みです。

・香港

アジアの主要な金融市場の一つ。
最近、香港の隣のマカオもアジア最大のラスベガスへと変貌中。
不動産価格も高騰中です。


なんか、いい感じですね。
興味があるならGO!ですね。



posted by CK at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

今週のオールアバウト「ハワイで暮らす」から

先ほど届いたアロハストリートのメールマガジンに、気になる記事を見つけました。

***♪アロハストリート メルマガ 2006.08.30配信号より引用♪***


今週のオールアバウト「ハワイで暮らす」
    ハワイで不幸になる人々。楽園で患う心の病

 せっかくハワイで夢の移住生活を実現しても、夢と現実のギャップに悩み、
 心の病にかかってしまう方もいらっしゃいます。ホノルルで心理カウンセリ
 ング業を営む丹羽先生にお話をうかがいました。

 ⇒ http://www.aloha-street.com/go/?go=541

***メルマガからの引用、ここまで***


続きを読む
posted by CK at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

役立つ本のご紹介

私が今せっせと読んでいる本の数々。
(もちろん、全部ではありませんよ^^;)

諸先輩方が苦労されたところから、学ぶところは多いです。

http://astore.amazon.co.jp/letslivinhaw-22

posted by CK at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・移住関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。